スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹炭祭りが無事終了しました!


3日間に渡って行われた竹炭祭りも遂にフィナーレを迎えました。
各団体のステージパフォーマンスの後、炭焼コンテストの結果発表が行われました。
来場者からの投票で順位が決まるアイデア部門では、竹炭入りカレーを提案したチーム中越が優勝。
技術部門では多くの審査員がチャコネット+上月チームの竹炭を選出しました。
各優勝団体には賞状と記念品が授与されました。

本日の来場者数はおよそ1000人。先着300人分用意していた竹炭のプレゼントがすぐになくなるなど、予想を上回る盛況ぶりでした。

【写真】竹炭コンテスト結果発表の様子
スポンサーサイト

竹炭祭り開催中です!


いよいよ竹炭祭りがはじまりました!
天気も落ち着き予定通りに開催できました。
寒い中、100人以上の方が訪れてくださり、ステージ・模擬店ともに盛り上がっています!
祭自体は14時まで続きますので、お時間がある方はぜひ訪れてみてください!

【写真】地元のサークルによるパフォーマンス

窯出しをしました


おはようございます。
いよいよ竹炭祭り当日になりました。
雪は止みましたが、冷え込みが厳しく未だに路面が凍結しています。
笹ヶ丘荘周辺は安全に通行できるよう配慮しておりますが、道中十分にお気をつけください。

竹炭コンテストに先駆け、審査用の竹炭を窯から出しました。
各チームしっかりと焼きあがったようで、「カランカラン」と炭の音が響いていました。

コンテストの結果発表は13時以降を予定しています!
このブログでも逐一お伝えしますので、ご期待ください!

【写真】窯から炭を出す神戸大チーム

明日の竹炭祭りについて


シンポジウムも無事に終わり、残すは竹炭祭りのみとなりました。
佐用は夜に入ってまた雪が降り始めましたが、明日の朝には止んでることを願っています。
プログラムについては概ね変更はありませんが、企画に若干の変更があります。

まず、当日のデモンストレーションが予定されていた「移動式高速炭化炉」ですが、天候不良のため出動を見合わせます。
楽しみにされていた方々申し訳ございません。

また明日、竹炭祭りのビラをお持ちの方には竹炭をプレゼントします(先着300名)。
お越しの方全員に抽選券を配布し、14時前に開始の抽選会で当選された方には景品をプレゼントいたします。


出店団体詳細については以下の通りです。

・ふれあいの里上月(特産品販売)
・南光ひまわり館(特産品販売)
・はなさきむら作業所(パン販売)
・ホルモンうどん喰わせ隊(ホルモン焼きうどん)
・佐用町国際交流会(フランクフルトなど)
・ライオンネット(たこ焼きなど)
・いっきゅう(さようしかバーガー)
・早田商店(たこ焼きなど)
・千種川ネットワーク(うどん)
・竹細工グループ(竹細工)

その他企画
・学生有志・佐用町社会福祉協議会・みかづきエコ(おにぎりカフェ・ぼたん汁)
・中越・KOBE足湯隊(足湯体験コーナー)
・チャコネット(竹炭石鹸作り)
・学生有志(かえっこバザール・遊びコーナー)
・レスキューストックヤード(バザー)

【写真】2009年の復興フェスティバルの様子(遊びコーナー)

シンポジウム開催しました


佐用町竹炭祭りシンポジウム「『炭』を活かした福祉と防災のまちづくり」を開催しました。

まず、庵ざこ佐用町長による基調講演「『やま』と『かわ』から守る佐用のまち」が行われ、森林資源を活かしたまちづくりの大切さと難しさについてお話いただきました。
報告会では日本中から集まった8団体が各々の取り組みについて発表。
普段交流できない各団体の発表に参加者は聞き入っていました。

シンポジウムの後には交流会も行われ、お酒を交えながら情報交換をしていました。

シンポジウム参加者:90名(スタッフ・ゲスト含む)


【写真】基調講演をする庵ざこ佐用町長

※「ざこ」は谷にしんにょう

プロフィール

sayoutakesumi

Author:sayoutakesumi
「佐用町を支援する市民ネットワーク」に関わる学生ボランティアが中心となり、2011年2月に佐用町で「復興支援佐用町竹炭祭り」を開催します!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
2974位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
743位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。