スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹炭祭り全体概要

竹炭祭り全体の概要について、現時点で決まっていることをお伝えいたします。
当日のプログラム詳細に関しては後日更新します!


日時:2011(平成23)年 2月10~13日
会場:佐用町営笹ヶ丘荘周辺諸施設(笹ヶ丘ホール、笹ヶ丘ドームなど)

A.学生団体などによる竹炭焼きコンテスト
(2月10日に火入れ、13日の竹炭祭りにてコンテスト。学生中心に4チーム参加)
B.「炭」を活かした福祉と防災のまちづくりシンポジウム
(2月12日 13:30~17:00、会場:笹ヶ丘荘ホール)
C.復興支援佐用町竹炭祭り~竹切って炭焼いてしなやかな佐用へ~
(2月13日 11:00~14:00、会場:笹ヶ丘ドーム)

主催:佐用町を支援する市民ネットワーク

構成団体 被災地NGO恊働センター、日本災害救援ボランティアネットワーク、神戸大学学生震災救援隊、神戸大学都市安全研究センター、中越・KOBE足湯隊、佐用町学生支援ネットワーク、震災がつなぐ全国ネットワーク、国際復興支援チーム中越、大阪大学有志、関西大学有志、関西学院大学有志、神戸大学有志、神戸学院大学有志、舞子高校環境防災科有志、長岡技術科学大学有志、長岡大学有志、仁川学院高等学校有志

後援:佐用町、佐用町社会福祉協議会、佐用町きらめき復興支援センター、佐用町商工会青年部、ひょうごボランタリープラザ
協賛:日本財団、住友ゴムCSR基金、神戸大学都市安全研究センター、ポーアイ4大学連携推進センター、震災がつなぐ全国ネットワーク、中越・KOBE足湯隊

※なお、この3日間のイベントは競艇の交付金による日本財団の助成金を受けて実施するものです。

スポンサーサイト

竹炭祭り開催の趣旨について

竹炭祭り企画書に記している開催趣旨を掲載します。
学生たちの佐用に対する思いが込められています。

2009(平成21)年8月、佐用町で水害が発生し、
死者18名・行方不明者2名という甚大な被害となりました。
あらためて遺族の皆様に深く哀悼の意を捧げ、
すべての被災者の皆様にお見舞いを申し上げます。
水害の原因の一つとして竹林を含め、
山林整備が不十分であることが指摘されています。

水害発生直後から佐用町に関わってきた
私たち「佐用町を支援する市民ネットワーク」は、
このような水害を2度と起さないためにも、
また今後の佐用町の復興と発展のためにも、
今こそ山と向き合うことが重要だと考えます。

そこで、山林に取り組み、その課題を知ってもらうために
私たちは「炭」に着目しました。
水害の後、全国の炭焼き団体から竹炭・木炭が送られ、
調湿・脱臭のため、床下に入れられました。
もともと、炭は佐用町特産であり伝統技術です。
水害の後、全国の団体から炭で支援してもらって
あらためて炭の大事さ・助け合いのすばらしさに気付きました。

このように佐用にとって大きな意味をもつ「竹炭・木炭」をきっかけとして、
水害で傷ついた佐用を盛り上げていくことは
できないだろうかと私たちは考えています。
水害の際に支援してくれた炭焼き団体も佐用を応援に来てくれます。
一緒に佐用町の未来を考えていきませんか?

※原文ママ

竹炭祭り開催にあたって

あけましておめでとうございます。
いよいよ竹炭祭り開催までひと月を切りました。
学生たちはテストや卒論に追われながらも
なんとか祭りの成功に向けて準備を進めています。

さて、今まであまり祭りの詳細について、
お知らせできていませんでしたが、
概要が着々と固まってきましたので、
開催趣旨やプログラムについて
アナウンスしていきたいと思います。

まずは開催に向けた学生らの思いと
ポスターにも掲載されている祭りの概要などを順次お伝えします!
プロフィール

sayoutakesumi

Author:sayoutakesumi
「佐用町を支援する市民ネットワーク」に関わる学生ボランティアが中心となり、2011年2月に佐用町で「復興支援佐用町竹炭祭り」を開催します!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
4259位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
984位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。